アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「All Blacks」のブログ記事

みんなの「All Blacks」ブログ


2011 Rugby World Cup squad -NZ-

2011/08/26 08:29
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

W杯に選出されたNZ代表スコッド。



Forwards:
Hookers
Corey Flynn Canterbury (14)

Andrew Hore Taranaki (54)
http://www.youtube.com/watch?v=v8np17oEtQo

Keven Mealamu Auckland (85)

Props
John Afoa Auckland (33)
http://www.youtube.com/watch?v=rTD7Q89YMQs

Ben Franks Tasman (11)

Owen Franks Canterbury (23)

Tony Woodcock North Harbour (75)

Locks
Anthony Boric North Harbour (20)

Brad Thorn Canterbury (51)

Samuel Whitelock Canterbury (17)

Ali Williams Auckland (65)

Loose forwards
Jerome Kaino Auckland (41)

Richie McCaw (capt) Canterbury (97)

Kieran Read Canterbury (31)

Adam Thomson Otago (21)

Victor Vito Wellington (7)
http://www.youtube.com/watch?v=2Y4yCosr174

Backs:

Halfbacks
Jimmy Cowan Southland (47)

Andy Ellis Canterbury (20)
http://www.youtube.com/watch?v=uqDGLAIzAEc

Piri Weepu Wellington (48)
http://www.youtube.com/watch?v=cSLinC9KSG8

First five–eighths
Daniel Carter Canterbury (82)

Colin Slade Canterbury (5)

Midfielders
Richard Kahui Waikato (12)
http://www.youtube.com/watch?v=OjyD8tURw30

Ma’a Nonu Wellington (58)

Conrad Smith Wellington (48)
http://www.youtube.com/watch?v=8IdlG1jtkH0

Sonny Bill Williams Canterbury (7)

Outside backs
Israel Dagg Hawke’s Bay (7)
http://www.youtube.com/watch?v=Q33y5etdzuo

Zac Guildford Hawke’s Bay (6)
http://www.youtube.com/watch?v=YInzaiswenA

Cory Jane Wellington (24)

Mils Muliaina Waikato (97)

Isaia Toeava Auckland (31)
http://www.youtube.com/watch?v=NdcuA6FFF3k
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Christian Cullen

2009/10/31 09:33
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
NZが95年ワールドカップで準優勝した原動力でもあるバックス。
その中でもバックスリーのロムー、ウィルソン、オズボーンは当面安泰だなと思っていたら、96年に20歳のカレンが衝撃的に登場。
デビュー戦のサモア戦で3トライ、2戦目のスコットランド戦で4トライを挙げてNZ国内で湧き上がっていた「若すぎる」との批判を一蹴。

その後も超人的な加速力、トップスピード、ステップでトライを量産。
17、18トライ目が個人的にはお気に入り。周囲と違う次元のスピードで走っている感じがします。
Tri-Nationsで1シーズンで全試合トライを達成した最初のプレイヤー。

Full name: Christian Mathias Cullen
Date of birth: 1976-02-12
Height: 1.80 m
Weight: 85 kg
Nickname: Paekakariki Express
Cap: 58
Points:236

2009/10/31:動画を差し替えました。前半が7人制での活躍、後半が15人制でのトライシーンとなってます。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


New Zealand/ All Blacks

2009/03/16 08:11
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

(ジャージがまだカンタベリー製の時代で、カーワン、ロムー、カレン、ウィルソンが中心のトライ集です。)

世界ランキングでほぼ常に1位に居続けるNZ代表オールブラックス。
100年を超える歴史の中でNZに勝ち越している国は無く、
ホームユニオンでもスコットランドとアイルランドは勝ったことが無く、
96年から始まったオーストラリア、南アフリカと争うTri-Nationsでは13年のうち9年でNZが優勝と圧倒的な戦歴を誇っている。

が、ワールドカップ優勝は87年の第1回大会のみで、
後は優勝候補と言われながらも決勝進出でさえ95年の1回のみ。
ド本命と言われた07年も準々決勝での敗退とイマイチ振るわず。

NZで開催される2011年ワールドカップで再びトロフィーを手にすることはできるのか?
今から楽しみです。


こちらはジャージがアディダス製になってからのもので、ロコゾコ、ロムー、カーター、スペンサー、ハウレット、ウマガなどのアタックだけでなく、コリンズなどの激しいディフェンスも一部含まれてます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Dan Carter

2009/01/03 11:57
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ


走って良し、ラインを動かして良し、キックも良し、閃きのあるプレーもできて
フォックス、マーテンス、スペンサーと言った名SOの良い所を兼ね備えたようなスタンドオフ。
海外でプレーする選手は代表に選ばない方針を採っていたNZも、
カーターだけには特例を出さざるを得ない状況になってます。
まあ、これを良い経験として11年こそワールドカップを獲ってもらいたいものです。

ちなみにプレーもさることながらルックスも非常に優れているようで
アメリカの「E! Entertainment」という番組が選ぶ"E! Top 25 Sexiest Men of the World 2008"に選ばれたりしてます。
アメリカではラグビーはマイナースポーツなのにも関わらず凄いな。
日本でもこういう企画をやって少しでもメジャースポーツにしてもらいたいな。

1. David Beckham (Soccer Player, United Kingdom)
2. Michael Gurfi (Actor, Argentina)
3. Dingdong Dantes (Actor, Philippines )
4. Jonathan Rhys Meyers (Actor, Ireland)
5. Djimon Honsou (Actor, Benin)
6. Tyson Beckford (Model, USA)
7. Freddie Ljunberg (Football Player, Sweden)
8. Johnny Depp (Actor, USA)
9. Ryan Reynolds (Actor, Canada)
10. John Abraham (Actor, India)
11. Dan Carter (Rugby Player, New Zealand)
12. Raoul Bova (Swimmer, Italy)
13. Enrique Iglesias (Singer, Spain)
14. David Zepeda (Actor, Mexico)
15. Edison Chen (Actor-Singer, China)
16. Rodrigo Santoro (Actor, Brazil)
17. Gilles Marini (Model-Actor, France)
18. Marcus Shekenberg (Model Sweden)
19. Kostas Martakhs (Singer, Greece)
20. Takeshi Kaneshiro (Actor, Taiwan)
21. Danny K (Singer-Actor, South Africa)
22. Eric Bana (Actor, Australia)
23. Mark Vanderloo (Model, Netherlands)
24. Reynaldo Gianecchini (Actor-Model, Brazil)
25. Michael Lewis (Model-Actor, Israel)
※太字はスポーツ選手
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


Tana Umaga

2008/12/29 11:45
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

攻守ともに非常にレベルの高い選手。
ドレッドヘアを揺さぶりながらの鋭い切れ味のランが好きでした。

もともとは13人制の選手として各ユース世代のNZ代表にも選ばれるほどの実力で、
91年、18歳で豪州のNewcastle Knightsへと移籍するも、ホームシックとなり僅か3週間で帰国・・・。
その後、94年に15人制へと転向。

転向してからは97年にWTBとしてAll Blacksに選出。00年からはCTBにポジションチェンジ。
転向時からCTBだったら99年ワールドカップでCullenをCTBに起用して
Franceに負けることもなかったんではないのかなと。

03年のワールドカップは初戦の怪我で残りは出れなかったし、
ワールドカップで余り活躍できなかったのが残念。

Full name Jonathan Falefasa Umaga
Date of birth 1973-05-27
Height 1.88 m
Weight 102 kg
Nickname T
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Jonah Lomu

2008/12/27 17:30
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
95年ワールドカップでのインパクトはとにかく凄かった。
それまでも大型ウィング、パワー型ウィングと呼ばれる選手は存在していたんですが、
ワールドカップ開始時点で20歳、2キャップ、国際試合でのトライなしにも係わらず
ロムーが与えたインパクトは前人達のものとは桁違いでした。

★Jonah Lomu 1995 Rugby World Cup

とりあえず95年W杯のものだけです。

なんせ当時の日本代表の誰よりも大きくて、誰よりも早いと言われてましたからね。

腎臓を壊したりして最初の頃のインパクトを長期間維持することはできなかったのが残念。

Full name:Jonah Tali Lomu
Date of birth:1975-05-12
Height:1.96 m
Weight:120 kg

このときのオールブラックスも↓を中心とした良いチームだったな。
ワールドカップの決勝の中ではこの95年の決勝が1番良かったと思ってます。

HO フィッツパトリック
LO イアン・ジョーンズ
FL クロンフェルド
No8 ジンザン・ブルック

SH バショップ
SO マーテンス
WTB ロムー
CTB リトル
CTB バンス
WTB ウィルソン
FB オズボーン
記事へ面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0


トップへ | みんなの「All Blacks」ブログ

ラグビーの動画集めました。blog All Blacksのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる